知って得するハノイのタクシー情報 パート2

シンチャオ! 今回は、ハノイのタクシー情報の続きです。
ハノイ市内はバスが走っていますが、電車はありません。
(ホーチミン市行きなど長距離列車はありますが、近距離列車はありません)

海外旅行の経験がある方なら想像つくと思いますが、外国でバスに乗って移動するのはなかなか大変ですよね。
「目的地に向かうバスがどれか分からない」
「乗ったはいいけど、どこで降りていいのか分からない」(車内放送を聞いても、目的地に着いたかどうか分からない)
「そもそも乗車賃の支払い方法が分からない」
「スリや置引き等の犯罪が多い」

そこで、どうしても移動手段として必要となってくるのが、タクシーです。(夏場の暑さは尋常ではないため、徒歩移動は自殺行為です・・・)
今回は、ハノイで営業しているタクシー会社についてご紹介します。

【その1】タクシー会社「Taxi Group」
ハノイで多く見かけるのが、「Taxi Group(タクシーグループ)」です。

前回ご紹介した通り、外国人向けの大型ホテル(価格は中~高額)に待機しているのをよく見かけますね。
ホテルニッコーハノイに待機しているのがタクシーグループですので、日本人を乗せることが多いタクシー会社と言えますね。

ちなみに、ホーチミン市では、ハノイでは走っていないVINASUN(ビナサン)タクシーが有名なようです。

【その2】タクシー会社「Taxi Group」パート2
社名に「グループ」とつくぐらいですので、タクシーグループは複数の会社があります。

車体の側面に各会社名が書かれています。各社は、タクシーグループに所属する子会社に当たるのでしょうね。
会社の近所では「Hanoi」と「CP」を見ることが多いでしょうか!?

後述のタクシーグループのアプリは、グループ全社が対象です。

【その3】タクシー会社「Mai Linh」
タクシーグループ同様に大手タクシー会社である「Mai Linh(マイリン)」です。

ネットでベトナムのタクシーを調べていると、タクシーグループはハノイ市でしか名前を見ませんが、マイリンはホーチミン市やダナン市、ハイフォン市などでも目にします。
マイリンタクシーは、全国規模の会社のようですね。

【その4】タクシー会社「Mai Linh」パート2
マイリンは、緑の車体に白の文字で電話番号が書かれているのが多いですが、逆に白の車体に緑の文字の車も目にします。

なぜ色が違うのかは、知識不足で知りません・・・。
ホーチミン市では、この白い車体のマイリンの偽タクシー(車体にステッカーを張っただけの白タク)が出没するらしいです。
ハノイでは偽タクシーをまだ見たことありませんが、ちゃんと車体を塗装し、制服を着た運転手が正しいマイリンの車のようです。

また、似たような車両の「Open9(オープン9)」というタクシー会社があります。もともとマイリンとオープン9は同じ会社でしたが、オーナーの兄弟喧嘩で分裂したとか、しないとか・・・。
このオープン9タクシーは、後述のマイリンのアプリは、対象外となり、使用できないのでご注意ください。

【その5】Taxi Group & Mai Linh
なぜ「タクシーグループ」と「マイリン」を紹介したかというと、ハノイ市内で走っているタクシーの中で、両社が「安心して乗れる会社」と紹介されることが多いからです。

ただし、両社のタクシーに乗って「ぼったくられた」という情報もあります。
また、中小のタクシーでも「抜け道を通って時間を短縮してくれた」、「近道を通って安くしてくれた」経験が、私にはあります。

そのため、結局は「運転手次第」というのが、ベトナムのタクシー事情です。沢山あるハノイのタクシー会社のうち、比較的「いい運転手に当たる確率が高い」のが、「タクシーグループ」と「マイリン」と言えます。

ちなみに、「客として乗る」のはいいですが、「歩行者の立場」でお話しすると、タクシー運転手は最低なドライバーです。
歩行者用信号が青の時に横断歩道を渡っていたら、何度か”タクシーグループのタクシーに轢かれそう”になりました。タクシー運転手も一般のドライバーと同じで、歩行者優先の気持ちがないです。

【その6】小型車
タクシーグループとマイリンは、料金の高いセダンタイプ(前回参照)が多いのですが、料金の安い小型車タイプ(同様に前回参照)もあります。

小型車タイプのほうが料金が安いのは、タクシーグループ・マイリンでも同じですので、少人数なら小型車タイプのほうを選びたくなりますよね。

【その7】タクシーアプリ
日本では、「電話でタクシーを呼ぶ」ことが多いですよね。特にタクシーがつかまりにくい時間帯には、あらかじめ予約しておくと便利です。
でも、ベトナム語を満足に話せない私たちにとっては、電話でタクシーを呼び出すのはかなり至難の業です。
そこで見つけたのが、タクシーアプリです。

上の写真の左側が「タクシーグループ」、右側が「マイリン」のタクシーアプリです。アプリは、両社ともベトナム語だけでなく、英語にも対応しているので、ベトナム語が苦手な私でも使いこなすことができます。

機能としては、「近くにいるタクシーを今すぐ呼び出す」ことも、「日時を指定してタクシーを事前予約する」こともできるようです。さらに、タイプ(セダン・小型・大型・エアポート)を指定できたり、「目的地」をあらかじめ登録する機能も付いているのが便利ですね。でも、なぜか運転手は目的地の住所をシステムで確認しようとせず、口頭で質問してきます・・・。

便利なアプリではありますが、難点もあります。
アプリで予約後、「受付担当」か「運転手」から予約確認の電話があります。また、予約した時間の直前には、運転手からまた連絡があります。
結局アプリだけでは完結しないんですね・・・。

ちなみに、ベトナムではネットで物を購入したあと、必ず電話がかかってくるとのことです。それだけネット注文に対する信用がまだ低いので、タクシーアプリも電話が必要なのは仕方がないのでしょうね。

ちなみに、ハノイ市内のタクシー会社でアプリがあるのは、「タクシーグループ」と「マイリン」だけのようです。
※タクシー配車アプリは日本よりも普及しており、GrabやUberがとても便利です。ハノイ市内の地場企業では、両社のみアプリがあります。

【その8】最安値タクシー
私が乗った中で最も安いのが、「SAO HÀ NỘI(サオ ハノイ)」です。

小型車タイプを運行している他のタクシー会社の初乗り運賃は、「6000ドン」(7000ドンや8000ドンもあり)です。

その中でサオハノイは「5000ドン」です。
でも、初乗りが安く距離課金が高かったらダメですよね。
でも安心してください。
サオハノイは距離課金も他社の小型車タイプと同額か安いほうなので、総額でもとても安いです。

サオハノイのエアポートタクシーも見たことがあるので、中小タクシー会社の中では比較的大きなほうかもしれませんね。

【その9】その他のタクシー会社
写真はありませんが、その他のタクシー会社を紹介します。

<エアポートタクシー>
ノイバイ空港とハノイ市内を結ぶタクシー会社です。以下のタクシー会社のタクシーに乗るとよいでしょう。
・Airport Taxi(エアポートタクシー)
・NoiBai Taxi(ノイバイタクシー)
・Taxi Group Airport Taxi(タクシーグループエアポートタクシー)
・Mai Linh Airport Taxi(マイリンエアポートタクシー)

<ハノイ市内>
タクシーグループとマイリン以外のタクシー会社を紹介します。両社には劣りますが、比較的いい会社のようです。
・Thanh Nga(タイン(ン)ガ)
※複数のサイトで評価が高いタクシー会社です。
 私も何度も乗っていますが、悪い印象を受けたことがありません。
 (前回、小型車タイプ紹介で使った写真はこの会社の車です)
・Ba Sao(バーサオ)、Thang Cong(タンコン)、ABC(エービーシー)
 ※この3社の車も結構見かけます。ネットでの評判は見かけませんが、私が乗った限りでは悪くないようです。
・Morning(モーニング)
 ※複数のサイトで評価が高いタクシー会社ですが、当社のそばにあまり走ってなく、旧市街に多いです。

【その10】おまけ
私たちが、Ninh Bình(ニンビン)旅行に行ったときに利用したレンタカーです。
フォードの大型車でした。ベトナムは国産車がないため、外車しか走っていませんよ。

7人まで乗れる大型車を、丸2日間借りました。しかも運転手付きです!
(ベトナムでは、車のみのレンタルはない模様。必ず運転手付きのようです)

ちなみに、お値段は2日間で「300万ドン(約15,000円)」でした。ベトナム人スタッフにレンタルしてもらいましたので、安心して乗れました。
安心しすぎて、結構寝ちゃいましたよ。(タクシーだったら絶対眠れないですけどね。心配で・・・。)

今回は、タクシー特集でしたが、いかがでしたでしょうか。

次回は、UberやGrabの情報をお伝えします。

それでは、Hẹn gặp lại.(また会いましょう!)
 
 
[作者の紹介]
ベトナム国ハノイ市に駐在している「すがちゃん」です。
当社Pioneer Soft Vietnamの日本人社員です。
2016年のテト明け(旧正月明け)にハノイにやってきました。
このブログを通じて、ハノイにお越しになる方のために、ハノイに関する情報をお届けしたいと思います。