知って得するUber情報

シンチャオ!今回は、タクシー以上に便利な配車サービスをご紹介します。
ハノイ市内の移動手段は、徒歩かタクシーになってしまいます。(バイクを運転する勇気があれば、バイクでも移動できますが・・・)
 
ただし、タクシーは「遠回り」したり、「目的地の住所を言っても通じない」など、弊害もあります。(真面目なタクシー運転手もいますが・・・)
 
そこで、移動手段としてお勧めできるのが、スマートフォンアプリを使った、配車サービス「Uber」や「Grab」です。今回は、そのうちUberについて、ご紹介します。
Uberは日本にも進出していますが、まだまだ浸透していないですよね。
でも、ベトナムではとても普及しているので、結構使えます。
 
しかも、タクシーより優れている点が多いので、結構使い勝手がいいですよ!
・アプリで車を呼び出せる(タクシーは電話(ベトナム語)が必要)
・予め料金の見積ができる(タクシーは運転手によっては遠回りされて金額が高くなる)
・クレジット精算ができるので、細かいお金を用意しなくてもよい(タクシーに20万ドン札や50万ドン札を出すと、お釣りを持っていないことが多い)
・行先を登録できるので、運転手に行先を伝える必要がない(タクシーは発音を間違えると全然違う方向に向かう)
・車の質(車のグレード、年式が新しいなど)が良い場合が多い
 
※下の説明は、古いバージョンのものですので、現在は画面は変わっています。
 
 
【その1】アプリを起動
UberはiPhone、Androidともにアプリがありますので、予めインストールを行い、ユーザー登録をしておきます。
 
ベトナムで使う場合でも、日本語版のアプリでいいので、全く問題なくユーザー登録ができます。
 
Uberを呼ぶために、アプリを起動します。

 
 
【その2】乗車位置の設定
自分が乗る場所を設定します。

 
GPSだけを頼りにすると、住所の番地がずれるので、地図上で位置を合わせたら、番地の手入力で修正します。
 
上の写真の場合、近くに空車のUberが多いので、比較的早く到着してくれます。
 
また、補足ですが、「UberMOTO」はバイク、「UberX」は普通の車、「UberBLACK」は高級車です。左が一番安く、右にいくほど値段が高くなります。
 
 
【その3】行先の設定
「乗車場所を設定する」を押すと、次に画面に「見積もり料金」というボタンがあるので、それを押すと行先を設定できます。

 
行先も地図上から、もしくは住所を手入力すると、設定できます。
 
私はあらかじめGoogleマップに主要場所の住所を登録しているので、その住所をコピペして入力しています。
 
行先の住所を登録すれば、おおよその料金が表示されます。
 
たまに道を知らない運転手や、混む道を選んでしまう運転手に当たると、多少料金がオーバーすることもありますが、大半は表示された料金の範囲内で行ってくれます。
オーバーしても数万ドン(50円~150円ぐらい)で済みます。
 
 
【その4】依頼
乗車場所と行先(降車場所)が決まったら、「UberXを依頼する」を押します。(UberBLACKの場合は「UberBLACKを依頼する」)

 
画面が変わり、近くにいる空車のUberを探し、配車してくれます。(空車がそばにいないと、結構時間がかかります)

 
配車されたUberが決まると、乗るUberの情報が表示されます。
Uberの情報とは、運転手の名前と運転手の評価、車種、車のナンバーです。
 
車が地図に表示されるので、だんだん近づいてくるのが分かりますよ。
 
 
【その5】乗車直前
乗車するUberが近距離になると、アプリ上でアラートが出るので、車種とナンバーでUberを探し、見つけたら、手を上げると自分の前に止まってくれます。(周りに誰もいないと、手を上げなくても止まります)

 
見つけにくいところを乗車位置にしてしまうと、たまに運転手から電話がかかってくるのが困ります。
運転手は、まず間違いなく日本語はおろか英語もしゃべれないため、仕方がないので「Not Vietnamese」だけ言うと、運転手が自力で頑張ってやってきてくれます。
 
でも、たまにあくまでも粘って話しかけてくる運転手がいますので、乗車場所の住所(番地+通り名)を言えばOKです。
 
上の写真は、5ドアハッチバックの小さめの車ですが、値段の安いUberXでも4ドアセダンの大き目の車種が来ることもあります。
 
 
【その6】乗車
乗車すると、アプリが「乗車中」に変わります。

 
行先までの経路が表示されます。
 
運転手の顔の下の数字は、運転手の評価です。5点満点だと思うので、それなりにいい運転手だと思います。
ちなみに私は、4以下の運転手しか乗ったことがないので、それ以下の運転手がいるのかどうかは分かりません。
 
 
【その7】車内
参考までに車内を写してみましたが、普通の車です。

 
タクシーと違って、メーターはありません。
画面中央のオーディオシステムのあたりにあるスマホには、運転手用のUberアプリ画面が表示されています。
 
運転手はアプリ画面で行先や経路を確認しているようですが、アプリの経路と違う道を通ることは多いです。
 
安いUberXでも大き目の車に当たったら、結構乗り心地はいいですよ。
でも、UberXは小さい車が多いので、乗り心地はタクシーと変わりません。(タクシーは大き目の車でも、UberXの小型車と変わらない乗り心地ですが・・)
 
今回は、ベトナムでは便利なUberを紹介しました。
次回は、Uber紹介の後編をお届けします。
 
それでは、Hẹn gặp lại.(また会いましょう!)
 
 
[作者の紹介]
ベトナム国ハノイ市に駐在している「すがちゃん」です。
当社Pioneer Soft Vietnamの日本人社員です。
2016年のテト明け(旧正月明け)にハノイにやってきました。
このブログを通じて、ハノイにお越しになる方のために、ハノイに関する情報をお届けしたいと思います。