知って得するUber情報 パート2

シンチャオ! 今回は、タクシー以上に便利な配車サービス紹介の続きです。
ハノイ市内の移動手段は、徒歩かタクシーになってしまいます。(バイクを運転する勇気があれば、バイクでも移動できますが・・・)
 
ただし、タクシーは「遠回り」したり、「目的地の住所を言っても通じない」など、弊害もあります。(真面目なタクシー運転手もいますが・・・)
 
そこで、移動手段としてお勧めできるのが、スマートフォンアプリを使った、配車サービス「Uber」や「Grab」です。今回は、そのうちUberについて、ご紹介します。
Uberは日本にも進出していますが、まだまだ浸透していないですよね。
でも、ベトナムではとても普及しているので、結構使えます。
 
しかも、タクシーより優れている点が多いので、結構使い勝手がいいですよ!
・アプリで車を呼び出せる(タクシーは電話(ベトナム語)が必要)
・予め料金の見積ができる(タクシーは運転手によっては遠回りされて金額が高くなる)
・クレジット精算ができるので、細かいお金を用意しなくてもよい(タクシーに20万ドン札や50万ドン札を出すと、お釣りを持っていないことが多い)
・行先を登録できるので、運転手に行先を伝える必要がない(タクシーは発音を間違えると全然違う方向に向かう)
・車の質(車のグレード、年式が新しいなど)が良い場合が多い
 
※下の説明は、古いバージョンのものですので、現在は画面は変わっています。
 
 
【その1】乗車中
乗車中は経路を確認できます。

 
一方通行や車が侵入できない道路でも経路にするので、アプリの経路どおりに100%進むことはありませんが、変な道を通っていないかチェックはできます。
 
経路を大きく外れたりすると、料金が違ってくるので、アプリを開いたまま乗っているのがいいですね。
 
でも、とてもバッテリーを消耗するアプリなので、結構困ります。
 
 
【その2】降車
目的地に着いたら、降ります。

 
あらかじめクレジットカード(ベトナムでは銀行のデビットカードでも可)を登録しておくと、料金を払わずにそのまま降りれます。
 
ハノイ市内なら、数万ドン~10数万ドンで移動できます。
タクシーなら、1万ドン札~10万ドン札を複数枚用意しておかないと、運転手が釣り銭がなくて困ることがありますが、クレジット精算なら、その心配がないのでUberはとても楽です。
 
現金精算もできますので、その場合はアプリ画面に料金が表示されるので、その金額を支払えばいいです。
 
 
【その3】運転手の評価
降車すると、アプリ画面に運転手を評価する画面が表示されます。

 
自分が思うとおりの評価をすればいいのですが、ある程度ポイントが下がると、運転手のUber資格が剥奪されるらしいので、余程のことがない限り4点以上は付けるようにしています。(少し悪い場合でも3点は付けます)
 
ちなみに私が3点を付けたUberは、「ずっと電話ばかりしていた」+「車のナンバーがアプリで表示されたのと違っていた」時の運転手です。
 
 
【その4】アプリの機能
アプリでは色々な機能が付いています。

 
「お支払い」は、クレジットカード情報を登録できる機能です。
 
「無料体験をゲット」は、知り合いにUberを紹介すると、ベトナムの場合は5万ドンの割引チケットがゲットできます。
 
「プロモコードを入力」は、割引プロモーションが行われている場合、プロモーションコードを入力すると、割引チケットがゲットできます。
 
 
【その5】乗車履歴
「乗車」は、これまでの乗車履歴を見ることができます。

 
上の写真は、同じ日に2度乗った時のものです。
 
ちなみに午前と午後の乗車の間は、ずっとハノイの街を歩き続きていました。
 
 
【その6】乗車履歴の詳細
履歴のうち1つを選択すると、詳細な履歴が表示されます。

 
運転手へのフィードバックなど、様々なことができます。
 
 
【その7】領収書
紙の領収書はもらえませんが、登録しているメールアドレスに領収書が届きます。

 
ネットショッピングの領収書と同じように使えばいいですね。
 
 
【おまけ】ラッシュアワー
朝の通勤時間帯、夕方の帰宅時間帯は、ピーク時価格になってしまいます。

 
上の写真は「1.5x」ですが、私は最高で「1.7x」までなったことがあります。
その時は、タクシーが全然捕まらず、歩いて帰れる距離ではなかったため、仕方なしに「1.7x」で乗りました。さすがに高かったですね・・・。
 
分刻みで超過料金の率は変わりますので、時間に余裕がある時は何度かやり直してみると、料金が下がる時があります。(夕方のラッシュ時は、時間が経つと逆に上がることもありますが・・・)
 
 
2回に分けて紹介した配車アプリ(配車サービス)のUberは、今回で終わりです。
 
市内の移動手段として電車がないハノイでは、タクシーに頼らざるおえません。
でも、乗る予定がない時には沢山タクシーを見かけますが、いざ乗ろうとすると見つからないのが、ハノイのタクシー事情です。
 
そんな時に便利なのが、Uberですね。
ちなみに若干の違いはありますが、Grabアプリの操作も似たようなものですので、この内容が参考になると思います。
  
 
それでは、Hẹn gặp lại.(また会いましょう!)
 
 
[作者の紹介]
ベトナム国ハノイ市に駐在している「すがちゃん」です。
当社Pioneer Soft Vietnamの日本人社員です。
2016年のテト明け(旧正月明け)にハノイにやってきました。
このブログを通じて、ハノイにお越しになる方のために、ハノイに関する情報をお届けしたいと思います。