知って得するハノイ市内観光情報 パート6 (旧市街特集2)

シンチャオ!前回に引き続き、日本の皆様がハノイにお越しになるときのために、旧市街に的を絞ってご紹介します!
正直に言いますと、ハノイには日本人好みの観光スポットがほとんどありませんので、旧市街さえ観光しておけば十分と言えるかもしれません。
お仕事で来られる方も、1日ぐらい観光して頂ければと思いますので、参考にしてください!
  
  
【その1】くつ屋
旧市街には、かなりの数のくつ屋があります。その中の一つが下の写真の店です。

  
旧市街は、観光客が多いのでナイキやアディダス等のスポーツシューズ、暑い国らしくサンダルを取り扱っている店が大半を占めていますが、この店にはビジネス用の革靴が置いていました。
   
前回お伝えした通り、ハノイの道はかなり悪いので、すぐに靴が悪くなります。
  
また、今回は紹介しませんが、バッグ専門店には、たくさんのリュックサックが置いてあり、有名ブランドのバッグも結構安く売っているようです。(ただし、本物ではない可能性大ですが)
  
  
【その2】シャツ屋
かなり前の話しですが、「部屋とYシャツと私」って歌がありましたね。でも、若い方は知らないですよね(苦笑)
この店は、まさにYシャツ(カッターシャツ)専門店のようです。

   
夏がとても長く、しかも高温+湿気で汗かきまくりの日々が続くと思われるハノイでは、何着もシャツを持っていて損はないでしょう。
今回はYシャツ屋でしたが、Tシャツ専門店もあります。他の地区にあるお店は、ベトナム人向けのため、小さすぎて日本人にはサイズが合いません。旧市街は観光客向けのため、欧米人も多いので比較的サイズが大きめなのがいいですね。
    
ちなみに、スーツは別の「スーツ専門店」で買えます。
   
ハノイでは、1つの商品のみを取り扱う、まさに「専門店」という店が多いです。
写真を撮り忘れましたが、「バイク屋」ではなく「バイクのカウル」しか売っていない店、「電気店」ではなく「電飾(クリスマスツリーに飾るようなコード状のもの)」しか売っていない店など、本当に単一品目の商品のみを取り扱う店が多いです。
   
   
【その3】携帯ショップ
ベトナムでもいくつかの携帯キャリア(日本でいうところのドコモやソフトバンク、au)があります。
その携帯キャリアの1つが「Viettel」です。

   
ベトナムでは、携帯電話(スマホ含む)とキャリアがセットではなく、SIMフリーの携帯電話を買って、別途SIMカードを買う仕組みです。
しかも、月額料金を払うのではなく、SIMチャージ用カードを購入し、カードに書かれている番号を入力すると、SIMカードにチャージされる仕組みです。
SIMチャージ用カードは、上記のような携帯キャリア直営店だけはなく、街中のSIMカード販売店で簡単に購入できます。
   
   
【その4】シルク通り
下のはハンガイ(Hàng Gai)通りの写真です。ハンガイ通りは、別名「シルク通り」と言われています。

    
ハンガイ通りには、上の写真のようなシルク専門店が軒を連ねています。
そのため、シルクを買い求める多くの観光客で賑わっています。
   
ハノイにお越しになった時には、きっと羽目を外して遊び過ぎてしまうと思いますので、奥様に「ベトナムシルク」のお土産を買われてはいかがでしょうか!?(笑)
   
   
【その5】食事
ニューベトナム料理という、ちょっとおしゃれなベトナム料理店が旧市街にあります。場所は「ハノイ大教会」のすぐそばです。

  
「Porte D’Annam」というお店ですが、ヨーロッパ風とアジア風がミックスした素敵なお店です。
欧米からの観光客を意識しているのか、入口にいた店員は白人の方でした。(ウェイトレスはベトナム人でしたが)
   
ちなみに、私達が食事をして店を出ようとした時には、ガイド(日本語が話せるベトナム人)に連れて来られたと思われる、アオザイを着た日本女性2人組が入ってきました。(下の写真の後ろ姿の女性)観光客でも入りやすいお店ですね。

   
他にもガイドブックを持ったヨーロッパ人夫婦(英語以外を話していた)も食事をしていたので、観光客に人気のお店ですね。
   
   
【その6】ちょっと一服
旧市街観光で歩き疲れたら、ちょっと一休みしたいですね。
そんな時にお勧めなのが、ハノイ大教会の目の前にある「Cộng cà phê(コンカフェ)」です。

   
席次第になりますが、2階の窓からハノイ大教会が見れますよ。レトロな店内でゆっくりコーヒーなどいかがでしょうか。
旧市街は、白人観光客が多いのでメニューに英語が書かれているので選びやすいですよ。
    
    
【その7】フォーの店
せっかくベトナムに来られたら、ベトナム麺のフォー(Phố)を食べたいですよね。
観光客でも入りやすく、しかも地元のベトナム人も美味しいというのが、フォー10リークォックスー(Phở 10 Lý Quốc Sư)です。

    
チェーン店なので、ハノイのあちこちにありますが、その1店舗が旧市街の中にもありますので、一度行かれてみてはいかがでしょうか?
値段はだいたい5万VND前後(200円台〜300円台)でしょうか?ベトナム人がよく行く店(1〜3万VND)に比べれば高いですが、その分店内がキレイですよ。
   
今回の「旧市街特集」はいかがでしたか!?
本当はもっと色々な通りがあって、色々なお店があるので、ご紹介したいところです。
   
でも、一番は実際に体験するほうが楽しいと思いますので、全部は紹介せずに、ハノイにお越しになった時のお楽しみに残しておきます。
是非ともハノイにお越しくださいね。
このブログでは紹介しづらいところにもお連れしますよ(笑)
     
     
今回の観光情報その6はいかがでしたか?
これでハノイ観光情報は終わりです。
もっと色々と観光スポットはありますし、ディープな場所もありますが、それはお越し頂いた時に「こんなところに行きたい!」とリクエスト頂ければ、ご案内しますよ。
  
それでは、Hẹn gặp lại.(また会いましょう!)
   
    
[作者の紹介]
ベトナム国ハノイ市に駐在している「すがちゃん」です。
当社Pioneer Soft Vietnamの日本人社員です。
2016年のテト明け(旧正月明け)にハノイにやってきました。
このブログを通じて、ハノイにお越しになる方のために、ハノイに関する情報をお届けしたいと思います。