知って得するハノイ市内観光情報 パート3

シンチャオ!今回は、前回に引き続き、日本の皆様がハノイにお越しになるときのために、ハノイの観光スポットを紹介します。
お仕事で来られる方も、1日ぐらい観光して頂ければと思いますので、参考にしてください!
  
  
【その1】トンニャット公園(Thống Nhất Park)
日本語に訳すと、その名も「統一公園」です。

   
バイマウ湖(Hồ Bảy Mẫu)という湖の周りを公園しているようです。ニッコーホテルの真向かいにありますので、ニッコーホテルのお泊まりの方は一度行ってみてはいかがでしょうか!?

 
あとで調べたところ、外国人は入場料が4,000ドン(約20円)かかるらしいです。
でも、ベトナム人がそのまま入っていたので、私も入場料を払わず入りました。そのまま進んでいたら、後ろで入口のおじさんが怒っていたので不思議でしたが、入場料を払わなかったことが原因だったんですね(;^_^A
  
  
【その2】ロッテ・センター・ハノイ(LOTTE CENTER HÀNỘI)
ベトナムには、かなり多くの韓国人が住んでいるそうなので、韓国系の建物が多く存在します。その1つが「ロッテ・センター」です。

  
日本人街でもある「キンマー通り(Phố Kim Mã)」から近い場所にあります。
地下5階、そして地上65階(高さ267m)の大きなビルです。
  
最上階は「OBSERVATION DECK」という展望台になっています。360度見渡せますので、ハノイの街並みだけではなく、西湖(Hồ Tây)も一望できますよ。

   

   
このビルの名前にはロッテが付くので、当然韓国のロッテ系のビルです。ビル内には「ロッテホテル」、「ロッテデパート」、「ロッテマート」があります。

  
私は地下にあるロッテマートによく行くのですが、下の写真のように韓国製食品が多くあります。韓国の食べ物を買いたいなら来る価値はあります。でも、韓国国内で買うよりは高いので、ご注意ください。

  
  
【その3】キョンナム(カンナム)・ハノイ・ランドマークタワー(Keangnam Hanoi Landmark Tower)
ハノイ中心部から南西に向かったトゥーリエム(Từ Liêm)区にある高層ビルです。

   
このビルに来たからといって、「オッパ!カンナムスタイル!」とか言わないでくださいね。カンナムスタイルは英語で書くと「Gangnam Style」らしいので、字が違います。
  
このビルは、ハノイで一番高いビルとのことです。
ここは、72階建て(350m)のオフィスビル(右側の青いビル)と、2棟ある48階建ての高級住宅ビル(左側の白と金色のビル)の合計3つのビル群です。

 
このビルも韓国の「京南企業」が建てたビルだそうです。「韓国マネー恐るべしです」と言いたいところですが、韓国の本体が倒産してしまったため、現在はオーナーが代わっているようです。
ちなみにこのビル周辺には、韓国人が多く住んでいます。韓国人向けの店も多くありますよ。

  
また、このビル周辺は、他地区より比較的新しいビルが多く、IT企業も多く入居しているため、「ハノイのシリコンバレー」(ベトナム人談)と呼ばれているそうです。

    
   
【その4】ベトナム国立歴史博物館(Bảo Tàng Lịch Sử Quốc Gia)
ホアンキエム湖の南東、ハノイオペラハウスのすぐそばにあるのが、ベトナム国立歴史博物館です。

  
上の写真は、もともと歴史博物館として単独で運営されていたようです。
  
でも、現在では、下の写真の革命博物館と一体となり、「ベトナム国立歴史博物館」になっているそうです。

  
どちらも入ったことはないので、詳細は不明です。ホアンキエム湖やハノイオペラハウス、ハノイ大教会を観光しても時間が余るようなら、訪れてみるのもいいかもしれません。
   
ちなみに、前回紹介した「軍事歴史博物館」、今回紹介した「国立歴史博物館」共に、入口前にはたくさんのセオム(バイクタクシー)が止まっています。このセオムのオジサン達は、博物館の前に来ると、声をかけてきます。英語ならまだしも、外国人相手にベトナム語で。
  
何を言ってくるかというと、どうやら「チケットを買ってきてやる」等の言葉のようです。(私のベトナム語力では、何を言っているか分からないので、あくまでも想像です)
このオジサン達は何も分からない観光客を騙して、チケット代を割り増し請求して儲けようという魂胆なのでしょうか!?
   
チケット売り場は誰でも分かるところにあり、売り場の人なら恐らく多少は英語を話せるでしょうし、オジサンに頼むより直接買ったほうが簡単だと思います。ハノイに住んでいると、まず引っかからないと思いますが、初めて来た観光客の中には騙される人もいるのかもしれません。
  
  
【その5】ベトナム民族学博物館(Bảo tàng Dân tộc học Việt Nam)
ハノイの中心地から少し離れますが、ベトナムの諸民族の歴史を紹介した博物館があります。

  
複数のベトナム人から、この博物館への観光を勧められたことがありますが、正直言うとあまり面白くなかったです…
   
   
今回の観光情報その3はいかがでしたか?
次回も引き続き観光情報をお伝えしますので、是非ともご覧くださいね。
  
それでは、Hẹn gặp lại.(また会いましょう!)
   
    
[作者の紹介]
ベトナム国ハノイ市に駐在している「すがちゃん」です。
当社Pioneer Soft Vietnamの日本人社員です。
2016年のテト明け(旧正月明け)にハノイにやってきました。
このブログを通じて、ハノイにお越しになる方のために、ハノイに関する情報をお届けしたいと思います。