知って得するハロン湾観光情報

シンチャオ!今回も日本の皆様がハノイにお越しになるときのために、観光地のご紹介です。
でも、前回までと違ってハノイ市内ではなく、ハノイから比較的近い観光地をお伝えします。近いと言っても、バスで3時間程度かかりますが…
その名はズバリ「ハロン湾(Vịnh Hạ Long)」です。とてもキレイな景色を楽しめる観光地ですので、是非ともご覧下さい!
    
 
【その1】ハロン湾観光
ハロン湾観光は、日本からのハノイ旅行にセットになっていることが多いですね。フリープランで旅行される方でも、オプションで付いていたりします。それぐらいハノイ市内の観光とセットで行かれる方が多い観光地です。
航空券とホテルしか予約していない方でも、現地でも申込ができるので、是非行かれるといいですね。(現地で申し込むと英語ツアーになってしまいますが・・・)
 
日本語ガイドが付いたツアーの場合、日本人の宿泊が多い有名ホテル(ニッコーホテルやオペラハウス周辺のホテル)まで、観光バスが迎えてきてくれます。迎えに来る時間はホテルによって違いますが、だいたい朝7時から8時ぐらいですね。
途中ハイズオン市(Hải Dương)あたりでトイレ休憩を挟んで、3時間から4時間(朝一番のホテル)のバス旅行です。
  
  
【その2】いよいよハロン湾
ハロン湾に着くと、船着き場に案内されます。

 
チケット売り場を過ぎ、港に入っていくと、下のようにずら〜と船が並んでいます。

   
ハロン湾を就航する船は、数百(400〜500ぐらい?)にもなるそうですよ。
中には、船中泊ができる客船もあります。時間に余裕がある方は、1泊2日のハロン湾ツアーがいいですね。
   
  
【その3】乗船
いよいよ乗船です。

  
私は日本人向けツアーと、社員旅行(ベトナム人向けツアー)の2回ハロン湾ツアーの経験があるのですが、やはり日本人(外国人)向けの船のほうがキレイでした(笑)
  
  
【その4】船の全景
私が乗っている船の横を進んでいる船を写してみました。

 
宿泊施設のない船であれば、船籍の長さにより美醜の差はありますが、だいたいこんな船です。
この船に乗って、およそ3〜4時間程度の船の旅を楽しみます。
  
  
【その5】船のデッキ
船の客室の上に登ることもできます。

  
椅子が置いてあるので、ゆっくり外を見ながらクルーズを楽しめる場所になっています。
私が乗船した時は、夏真っ盛りで日差しが強すぎましたので、残念ながらゆっくりできませんでしたが…(^_^;
  
  
【その6】出発進行
いよいよハロン湾ツアーの始まりです。

  
上の写真のような雄大な景色を楽しめます。
日本でいうと、長崎県の九十九島ツアーに似ています。
しかし、島数が違います。九十九島の島数は208だそうですが、ハロン湾はなんと3000近くの島や岩があるそうです。
また、大小様々な島や岩は、日本には見られない形ですね。
例えば、上の写真の右側にあるのは「香炉岩」と言われており、岩の下のほうが空洞になっています。
  
香炉岩の拡大写真は下のものです。

   
   
【その7】この景色見たことありますか?
映画好きの方なら、ハロン湾の写真を見ると、もしかしたら似たような景色を見たことがあると感じるかもしれません。

  
上の写真の場所は違いますが、なんと「キングコング 髑髏島の巨神」を撮影したロケ地の1つが、このハロン湾なのです。
恐らくヘリコプターで島に向かう時と、逆に島から去る時のシーンあたりが、ハロン湾ではないかと推察しています。
   
  
「船の紹介だけ?」と思われそうですが、今回はこれで完了です。
まだまだハロン湾の魅力は足りませんので、次回に続きます。
それでは、Hẹn gặp lại.(また会いましょう!)
   
    
[作者の紹介]
ベトナム国ハノイ市に駐在している「すがちゃん」です。
当社Pioneer Soft Vietnamの日本人社員です。
2016年のテト明け(旧正月明け)にハノイにやってきました。
このブログを通じて、ハノイにお越しになる方のために、ハノイに関する情報をお届けしたいと思います。