知って得するチャンアン観光情報 その3

シンチャオ!今回も日本の皆様がハノイにお越しになるときのために、観光地のご紹介です。
今回は、ハノイから比較的近い観光地をお伝えします。以前紹介したハロン湾より近く、バスで約2時間ほどで着きます。(ハノイ市内から約100Km)
その名はズバリ「チャンアンの景観関連遺産(Quần thể danh thắng Tràng An)」です。とてもキレイな景色を楽しめる観光地ですので、是非ともご覧下さい!
     
  
【その1】動物がいっぱい
チャンアンやホアルーは、ベトナムのニンビン省(Tỉnh Ninh Bình)にあります。そのニンビン省は、ハノイから南に100Km前後下った場所にありますが、なかなかの田舎です。
下の水牛は、古都ホアルーの中にいましたので、観光用と思われますが、どこにでも水牛がいそうな場所ですよ。

  
水牛ではありませんが、実際にニンビンに行く道中では、道沿いに牛が放牧されている風景を見かけます。
   
ホアルー付近のレストランで昼食をとっていると、山羊の散歩を見かけました。

  
ニンビン省の特産は、山羊肉だそうですので、山羊を見かけることはそれほど珍しくないのでしょうね。
   
    
【その2】東南アジア最大のお寺
ニンビン省には、東南アジア最大の寺であるバイディン寺(Chùa Bái Đính)があります。

 
チャンアンツアーを申し込むと、「チャンアンボートツアー+古都ホアルー」か、「チャンアンボートツアー+バイディン寺」のどちらかになります。(チャンアン+ホアルーのほうが多いですかね。)
チャンアン近辺のホテルに泊まる1泊2日ツアーに申し込んだら、全てを楽しめると思いますよ。
 
バイディン寺は、東南アジア最大と言われるぐらいですから、上のように1000体の仏像が並んだ回廊があったり、下のように黄金に輝く仏像が何体もあったり、とても豪華なお寺です。

   
   
【その3】バス
バイディン寺は、とても広いです。そのため、駐車場からバイディン寺の見学施設に行くまでには、バスに乗って移動します。

 
バスは旧市街の電気自動車より大きく、10数名が乗車できます。
    
    
【その4】とても巨大
バイディン寺は、敷地面積が大きいだけではなく、そこにある施設もとても巨大で絢爛豪華です。

 
門の前で撮影しましたが、とても大きいのが分かりますね。しかも1つの門だけでも、すごくお金がかかっているのが分かりますよね。
ちなみにベトナム人ガイドさんに聞いた話では、チャンアンボートツアーとバイディン寺のオーナーは同じだそうです。チャンアンに行く途中の道中で、オーナーの息子さんの家を教えてもらいましたが、それは城のような豪華な家でしたよ。
   
   
【その5】広大な土地
1000体の仏像群を抜けると、とても開けた場所に出ます。

 
広大な風景が望め、きれいな風景を楽しめます。
大きな塔が左側に見えますが、これもバイディン寺の施設の1つです。
塔の先にある建物もバイディン寺です。しかも建物も非常に大きいのですが、ここから見たら小さく見えますね。
「どれだけ広いんだバイディン寺は!」という感じですね。
  
   
【その6】池も巨大
バイディン寺の中にある池です。

 
ベトナムの寺では、施設内に池があることが多いのですが、バイディン寺にもあります。
池の辺にいる人間の大きさを見てください。池の大きさも半端ないです。このことから、奥にある建物も相当大きいことがお分かりになりますよね。
  
  
【その7】 頂上
バイディン寺は、ずっと山の峰を上っていくのですが、終点は山の頂上です。

  
頂上には、大きな大黒天がそびえています。
「なんでラスボスが大黒天!?」と突っ込みたくなりますが、これがバイディン寺最後の施設です。
  
 
以上がチャンアンの景観関連遺産の紹介です。
いかがでしたでしょうか?

ハノイ市内観光(全6回)、ハロン湾観光(全3回)、チャンアン観光(全3回)と、ハノイにお越しになった方向けにお勧めの観光情報を、全12回に渡ってお届けしてきました。
是非ともハノイにお越しになって頂き、観光を楽しんでみてください。

また、当社ではベトナム視察にお越しになる方の為に、社内を公開しています。
ハノイ観光だけではなく、当社見学も視察に入れられてはいかがでしょうか?
ハノイでお待ちしております<(_ _)>
  
それでは、Hẹn gặp lại.(また会いましょう!)
   
    
[作者の紹介]
ベトナム国ハノイ市に駐在している「すがちゃん」です。
当社Pioneer Soft Vietnamの日本人社員です。
2016年のテト明け(旧正月明け)にハノイにやってきました。
このブログを通じて、ハノイにお越しになる方のために、ハノイに関する情報をお届けしたいと思います。